単身引越しに必要な手続き

a0001_008067

 

マンションが決まり、後は、お引越しと云う時に必要な手続きのお話をします。
初めての引越しは、自分たちで、荷物を運ぶのか、それとも、業者さんにお願いするのかを決めましょう。

 

もし、業者さんに依頼する時は、「単身パック」みたいなお手軽に引越しできる業者さんを探しましょう。
初めての引越しは、出来るだけ、必要な物だけを新居に持って行く事をお進めします。

 

そして、あとから、余裕が出てきたら、新居に運ぶ方が良いと思います。
引越し業者選びも終え次にする事は、新居先の手続きです。

 

手続きは、沢山あるので、始めは、リストを作成し、1つ、1つ、片付けて行く事が大事です。

 

point1転居届け
まずは、「転居届け」です、今住んでいる市(役所)町村役場、転出証明書を発行してもらい、新しく住む市町村役場なり役所に行き、転入届けを行います。

 

後は、新居で、欠かせない「電気・水道・ガス」です。
だいたい引越しをする1週間くらいに連絡をして、手続きを済ませておいた方が良いです。

 

あとは、郵便局へも転居届けを出しておきましょう
この手続きを行うと、1年間は、今すんでいる住所に郵便が来ても新居に転送してくれるシステムがあるので、忘れずに手続きをしましょう。

 

最近は、携帯電話があるので、固定電話を設置する人も少なくなってきたのでこちらの説明は、省きます。
その代わりに携帯電話の契約している会社さんへ連絡をして新住所変更をしてもらってください。
今だと、携帯電話のネットから、お気軽に変更できるかと思います。

 

point2インターネット環境

 

 

若い人なら必需品ともいえる、「パソコン」です。
こちらも実は、インターネットを使えるようにするには、インターネットブロバイダーの引越し手続きが必要です。
引っ越す前に、ご自分にあった、お手ごろなブロバイダーさんを探して手続きを行っておいた方が、何かと便利だと思います。

 

これが、引越しに最低でも、必要な手続きですので、面倒ですが、頑張って行ってください。