楽で効率の良い引越し準備方法

a0001_015890

 

引越しは時間も体力もお金もかかるもの。

出来れば簡単に効率良く引越し作業を終えたいものです。

ここでは楽で効率の良い引越し準備の仕方をご紹介します。

 

まずは荷造りですが、引越し業者が決まったら、段ボールをできるだけ早くもらいましょう。

片づける順番ですが、「普段使わない物」から行っていきます。

季節外れの服や食器、本棚、日用雑貨、生活用品の順で箱に入れていきます。

 

引越し後にケースや小箱でしまうものはそのしまう形で箱詰めします。

こうすると引越し後の片づけがすごく楽になります。

小さなものをバラバラに箱に入れてしまうと、もう一度開けてしまう際にとても手間です。

 

例えば本棚は棚の段ごとに箱に分けて入れることや、化粧品はまとめて1つのケースにしまうなどです。

あとは引越し日ギリギリで最低限残した食器や鍋、季節ものの服、メイク用品、生活用品を同じ箱にしまいましょう。

箱のいちばん上にはペンで引越し後の部屋名や、「内容物」を書きます。

 

また引越し当日は引っ越し業者が帰っても片づけで忙しいので、12日分の着替えや最低限の化粧品やメイク道具、タオルなどは旅行用のカバンやキャリーケースに1まとめしておくと便利です。

 

当日までに電気・ガス・水道の手続きが済んでいない場合、引っ越してもすぐに洗濯や入浴をすることは出来ませんから、あらかじめ旅行のように生活に必要なものは分けて持っていくのです。

段ボールでも構いませんが他の段ボールと混ざらないように、シールや色ペンなどではっきりわかるようにしておきましょう。

 

また食材ですが引越し前日までには使い切りましょう。

引越し後すぐに冷蔵庫に入れても電気が来ていなければ意味がありません。

引越し当日や翌日の数日間はコンビニなどですぐ食べられるものを買うか外食になります。

加熱処理をせずにすぐ食べられるものは前述の引っ越しバッグに分けて入れておきましょう。

 

部屋の全てのものを片づけるわけですから時間と体力がかかりますので、余裕を持ったスケジュールを組みましょう。

友達や家族に手伝ってもらっても構わないですが、しっかり自分の片づけルールを伝えておくことが大切です。

また高価なものや特に自分の大切にしているものは他人に任せず自分でやると、トラブル防止になります。