女性の単身引越しの注意点

a0055_000278

 

ひと昔前は、就職の際に一人暮らしをしている女性は採用しないという企業がありました。

ですが一人暮らしは自立心の向上、自己管理、金銭管理など一人前の大人になる為に学ぶ事がたくさんあります。

そういう理由もあり、最近では逆に一人暮らしでないと採用しないという企業もあるとか(汗)。

なんとも極端な採用判断です。

現在ではその絡みも多少あるのか、一人暮らしの女性が年々増えているそうです。

 

女性が単身で引越しをする場合、家族の引越し、男性が単身引越しをする時とは違ったある注意点がいくつか発生します。

 

まず、重要になってくるのが物件選びです。
勤務先や通っている学校に近い、コンビ二やスーパーなど利便のいい所、駅やバス停が近いといった交通の便、住む部屋の条件(バストイレ別、角部屋)などいろいろと探すに当たって希望があると思います。
ですが、ここで女性の1人暮らしで第一に考慮すべき点は夜帰宅した時のことです。
家まで帰る道のりで、夜になると暗くなる(外灯が少ない)、人通りが夜になるとほとんどなくなってしまうような物件は確実に避けたいところです。

 

次に気をつけたいのは、住む家のセキュリティーです。
オートロックや防犯カメラなど、家の敷地内に簡単に不審者が入ってこれない物件、2階以上の部屋を選ぶということも重要な物件選びの要素に加えておきましょう。

次は引っ越しが終わってからの防犯対策です。
まず表札ですが、特別な理由がなければこれは「苗字だけ」を表示するのがベストです。
玄関のドアには補助錠をつけるとより防犯効果が期待できます。

 

今はドアに傷をつけずに「二重ロック」をかけられるタイプが金物屋やディスカウントストアなどで購入できます。

物件によっては勝手にロック等をつけられない物件もあるので、まずは管理会社に確認してOKでしたら是非利用したいところです。

 

またピッキングやサムターン回し防止グッズも同じくディスカウントストアなどで同時に購入しておくと更に防犯効果が高くなります。

 

防犯対策にやりすぎはありません。

特に女性なら尚更です。

使えそうなものは利用し、自分自身も防犯対策心がける、これが快適な女性の1人暮らしの第一歩だと思います。

 

a1180_002248

 

 

h4私の単身引越し防犯対策

 

 

私は大学入学時に一人暮らしを始めました。
防犯という観点から、体験談を踏まえてお役立ち情報をお伝したいと思います。

 

新しい住居で新生活をスタートさせるにあたり、期待や不安はつきものだと思いますが、女性にとって防犯対応を事前にしておくということが一番大事ではないでしょうか。
ニュースでも、頻繁に一人暮らしの女性を狙ったストーカー被害も多発しておりますので、自分が被害に遭う前にしっかりとした知識を身に付け、備えをしておきましょう。

 

私も一人暮らしをスタートさせた時は防犯にそんなに力を入れていませんでしたが、友人の女性がベランダに干していた「下着」を盗まれたことをきっかけに深く考えるようになりました。

 

その友人はマンションの2階に住んでいたのですが、下着泥棒は壁をよじ登り、ベランダに侵入して盗んでいったのです。
その時友人は部屋で就寝中だったのですが、もしも鉢合わせとかになっていたりしたら考えるだけでも怖いことです。

 

その後犯人は無事逮捕されました。
犯行理由は、友人がいつも仕事帰りにコンビニに寄って買い物をして帰宅していたのですが、その姿を見た犯人が次第に好意を持ち、犯行に至ったというのです。
コンビニからコッソリ後をつけ、住所を確認し、ベランダに侵入して下着を持ち去るという恐ろしい犯罪行為です。

 

このような被害を防ぐためには、同じルート、同じ時間に帰宅しないことが有効です。
犯人に自分の行動パターンを把握させないことが大切だと思います。

 

自宅の鍵は玄関前から事前に用意して直ぐに部屋に入れるようにしておく、部屋に入ってもすぐに電気を付けないことも自分の部屋を特定させない有効な手段だと思います。

帰り道で不自然に目が合う人がいたら真っ直ぐに帰宅せずに、面倒ですが人の多いお店に一度入るということもよいカムフラージュになると思います。

 

被害に遭わない可能性のほうが大きいと思いますので、必要以上にナーバスになる必要はありませんが、新しい住居での新生活を素晴らしいものにするため、常に防犯の意識を持って生活することをおすすめします。

 

a1640_000162

 

 

h4同じ女性としての私の引っ越し経験談

 

 

女性の引っ越しで必要なのは、引っ越し事前の「梱包」です。
まず、女性だと沢山持っているものが靴ですが、靴を買ったら、「箱を取っておく」ことをお勧めします。

 

靴箱があると、箱に入れて、靴を積み上げたり、ダンボールの箱に入れたりすることができるので、引っ越しの際にとても便利です。
そして、衣類が沢山あると思います。

衣類は引っ越しをいい機会に、使わないものは処分するようにするといいと思います。

捨てるにはもったいないけれども、もう使いそうにないものは、オークションに出して処分するといいと思います。

 

ヤフーオークション」などを見ていましたら、「引っ越しのために整理のために出品します」、という人も沢山います。

捨てるよりいくらかにでもなったほうが得だと思いますし、使ってくれる人が他にもいるということはありがたいと思います。

 

下着類などは見られたくないものですから、衣装ケースに入れて、下着とかランジェリーなどと書いて衣装ケースに貼っておくと中身がわかって便利だと思います。
化粧品などは、100均などで箱を買って来て、その箱の中にいれてまとめたほうがいいでしょう。

 

お化粧品は引っ越しをしてから、すぐに使うものですから、すぐにわかるようにしておいたほうがいいです。
季節外れな衣類などは中に何が入っているかのリストを書いて、箱に貼っておくといいです。

新しい住居に引っ越した時に、どの場所に置けばいいかがすぐにわかりますので、便利です。

 

アクセサリーなどの高価なものが入った宝石箱などは、事前に自分で引っ越し先に持って行くか、もし引っ越し先が遠い場合などは、自分で梱包をして、「貴重品」ということを書いておいたほうがいいです。
私は貴重品は自分で先に運んで、クローゼットの中に入れて置きました。

 

梱包はできるだけ、自分でしたほうがいいです。

どれに何が入っているかを「明記する」ことも忘れずに。