初めてのマンション引っ越しに必要な手続き

phm12_0703-s

 

私は、今までに2回の引っ越しを経験しました。

そして今回、また2ヶ月後に引っ越しを控えています。

私が初めての引っ越しを経験したのは大学入学の時なのですが、とても大変でした。

 

まず引っ越しする前に必要なことがいくつかあります。

 

1つめは、引っ越し先のマンションの周辺に何があるのかを軽くでも良いので把握しておきます。

そうすれば、引っ越した時に何か必要なものがあればパニックにならずに済みます。

 

2つめは、マンションの両隣と真下の方へのご挨拶の際の粗品です。

できれば、引っ越した場所で買うより、地元で買った方が見慣れないものなので喜ばれると思います。

 

それから3つめは、郵便局に転居届けを出します。

これは、郵便局で『引っ越しするのですが…』と言えば、受け付けの方も分かって下さると思います。

この手続きをしないと、郵便物等が現在の住所に来てしまい、新しい住所に届かなくなります。

 

次に引っ越してから必要な手続きです。

 

まず、住民票を登録しに市役所へ行きます。
それから、免許証をお持ちであれば免許証の書き換えも必要です。

 

新しい土地で銀行口座を開設することがあれば、先に済ませておいた方が楽です。

それから、両隣、真下の方に挨拶も済ませましょう。
とにかく、引っ越しは手続きをすることが沢山あるのでそれだけでも疲れてしまいます。

 

私の1回目の引っ越しは、実家からだったのでおばぁちゃんが手伝ってくれたこともあり、スムーズではありましたが、2回目は一人だったので大変だったのを覚えています。
その時に学んだことをいくつかお伝えしたいと思います。

 

まず、自分が面倒くさがりだと分かっているなら引っ越しが決まった時点で少しずつ要るものと要らないものを整理していき、少しでも身軽にしておくことです。

私は、ほとんど着ない洋服などは捨てずにオークションで売っています。

それから、これ以上物を増やさないようにすることも大事です。

 

また、引っ越すまでは使わないと思った物はもうダンボールに直すと良いです。

 

そして、現地でも買えるものは現地で購入した方が楽です。

ただ、家電などは先に地元で買って、電気屋さんから直接マンションへ送ってもらう方が良いと思います。

 

私の友達が、何もない状態で引っ越してきて、冷蔵庫も何もない状態で嘆いていたのを見ているので、尚更前もっての購入が望ましいです。

 

このようにいろいろと問題や必要なことはあるのですが、引っ越しで問題になるのがどのダンボールに何を直したか分からなくなって、探すのに時間がかかることです。

そうならないためにも、ダンボールに細かく何が入っているのか面倒でも書くことをお勧めします。

私は、簡単に書いてしまって引っ越し先に着いた早々、探してるものがどこにあるか分からず全て開けるという作業をしなければならなくなり、深く後悔しました。

 

また、もし今まで住んでいた所が賃貸であるならば、掃除を隅々まで怠らないことです。

いくら業者の方が掃除を最終的にすると言っても、次にその部屋を使う人がいるのですから、すこしでも綺麗にしておくのがマナーだと思います。

 

住み慣れた土地から新しい見知らぬ土地に行くのは不安でいっぱいだと思いますが、すこしでも役に立てましたら幸いです。