引っ越し準備の具体的な進め方

a1360_000026

 

実際に引っ越し業者が決まったら、今度は引っ越しの荷作りを始めましょう。

 

最近はいろいろな引っ越しパターンがあり、全て業者に丸投げのやり方もあります。
ただ値段も張りますし、女性の一人暮らしでしたらそれほどたくさんの荷物はないと思います。
あれもこれも持っていこうと思わず、「足りないものは現地調達する」、と考えればいいですよ。

 

まず大きい荷物から考えましょう。

引っ越し先は広い部屋ですか?スペースに余裕がある場合はベットを持ちこめます。

 

また余裕がなくても布団をしまう場所もないので、ベットに部屋を占領されてもOKという場合もありますよね。
それは個人個人のライフスタイルだと思います。

いずれにせよ布団やベットは今使っている物を運ぶと思いますので、引っ越し当日までそのままで構いません。

引っ越し当日はもし事前に業者から布団袋を貰っていたら、畳んでその中に入れてください。

 

また引っ越し先では当分忙しくて布団を干すこともできないでしょうから、もし時間に余裕があれば今のうちに時々干して出来るだけ乾燥させた状態で運んでください。

 

後は家電です。

一人暮らしが初めての場合、現在住んでるのは多分ご実家でしょう。

そうすると小さい冷蔵庫や洗濯機の予備などもないでしょうから、基本的な冷蔵庫、洗濯機、テレビなどは現地調達と考えた方がいいでしょう。

 

都心にも大型家電量販店がたくさんありますし、ネット通販などもありますので、まず自分にとって必要最低限な家電をピックアップして、できれば引っ越しの前に新居に届くように手配しておくといいですね。

もし都心に親戚のお宅などがあり、引っ越し当日より数日前に現地入りすることが可能であれば、引っ越しの前日などに家電が届くように設定できればベストです。

引っ越し当日に業者の配送と重なると、現場が混乱しがちです。

 

また冷蔵庫などは設置してから半日くらいたたないと冷えません。

ただ当日にしか現地入り出来ないようであればバタバタするのを承知で当日に配送して貰うか、1日後にしてもらうか、これはどちらでも構いません。