引っ越し業者の選定について

a0006_000165

 

私は小さい頃から今まで数多くの引っ越しを重ねてきました。

会社員時代に会社の引っ越しを手伝ったときに、日通のおじさんから、「ねえさん、プロだねえ」と褒められたくらいです(笑)。

引っ越しは大変ですが、準備をきちんとすれば恐れるに足らずです。

一緒に頑張って行きましょう。

 

まず引っ越し業者の選定です。

今お住まいの地域の引っ越し業者はたくさんありますか?まずネットで地域の引っ越し業者を検索してみましょう。
いくつかヒットしてくると思います。

その中から大手と地元の業者を含めて4,5社選んでください。
時間があればネットで評判を見るといいですが、もし時間が取れないようでしたら、全くの勘でも結構です。

 

そして見積もりの日時を決めます。

見積もりというのは、業者がその時間あなたの自宅に来て、荷物の量を見て料金を見つもってくれます。
もしかすると一人暮らしで荷物の量が少ない場合は、電話での見積もりになるかもしれません。

その時は何トントラックが何台来るか、人員が何人来るかなど、きちんと確認してください。

また見積もりと本番で値段が違わないかも必ず確認してください。

 

業者があなたの家に来てくれる場合は、できるだけ同じ日の似たような時間を指定します。

A社B社の来る時間が20分しか違わなくても構いません。
かえって近い方があなたには好都合です。

というのも業者によっては契約が取れるまでねばる人がいるからです。

 

もし家族が一緒に居る場合は、見積もりの時は一緒に居て貰いましょう。

女性が一人だと甘くみられがちです。
そして業者によっては、「他社からの見積もりを取らないでくれたら安くしますよ」、と持ちかけてきます。

 

こんな要求は無視してください。
数社から見積もりを取ってから決めます」、と公言してください。

 

見積もりが同じ日に何社か来たら、絶対にその場では業者を決めないでください。

業者もその場で料金を出してくれるところと、後から連絡してくるところがあります。

見積もりを取った業者の値段が全部そろってから、その中で一番いい業者を選定してください。

 

ここで大事なのは値段だけではありません。

もちろん安いに越したことはありませんが、安かろう悪かろうの業者もあります。
あなたが実際に業者に電話してみて、その時の対応の感じ、また見積もりに来てくれた人の感じは大切です。

 

また大手は繁忙期にはアルバイトの人員を使いますが、地元の業者だとその会社の社員ということも多いです。
どんな地域にお住まいかにもよりますが、大手だからと一概に安心と決めつけずに、公平な目で業者の選定をしてください。