引越し先の新しい住所に郵便物が届くためのe転居サービス手続きを

慌ただしい引越しの準備に追われ、つい忘れそうになっていまうのが郵便物の手続きです。
引越しが完了したら、友人や知人等にハガキで引越しの報告をする予定の方は多いと思います。

 

荷造りと同時に、引越しでは市役所への住民票の転出届など、同時にいくつもの手続きをしなければなりません。
なかでも、郵便局への転居届は新住所に郵便物をきちんと転送するための大事な手続きです。
郵便の転居届を忘れてしまうと、引越し後も古い住所に郵便が配達されてしまいます。

 

転居届を提出すれば、1年間は旧住所宛ての郵便物などを新しい住所に自動的に転送してくれるサービスを無料で受けられます。
申し込みは引越しの前からでも可能で、うっかり忘れてしまっても引越し後に提出すれば受け付けてくれます。

 

以前は、最寄りの郵便局窓口にある指定のハガキに必要事項を記入して提出しなければいけませんでしたが、最近はインターネットでも届け出ができるようになりました。
インターネットの「e転居」というサービスは、転居届の手続きを自宅にいながら出来ます。
夜間や休日でも可能なので、郵便局の窓口の営業時間を気にしなくて済むのが一番のメリットです。

 

郵便物の転居届を提出し忘れると、引越し後も同じ住所に郵便物が配達され、次の入居者に氏名や家族構成などプラベートを知られてしまいます。
役所に提出する転出届以外にも、大事な郵便物が新しい住所に届くように、郵便局への引越しの手続きも済ませておきましょう。


次の記事も読んでね!!